TVアニメ『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』を徹底レビュー! 【ネタバレ有】

『那田蜘蛛山編(なたぐもやま)』はTVアニメの第15話〜第21話で構成された話になっています。この記事ではざっくりとあらすじを紹介しながら、本作の魅力をレビューしていきます!

アニメ『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』のあらすじ

主人公・竈門炭治郎(かまどたんじろう)は鬼殺隊の同期である我妻善逸(あがつまぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびらいのすけ)と共に指令を受けて那田蜘蛛山(なたぐもやま)に向かい、

善逸が怖がって山に入ろうとしない中、炭治郎と伊之助は臆せず山に飛び込みます。

那田蜘蛛山には蜘蛛のような能力を使う鬼家族が棲んでおり、母鬼の使う糸で大勢の鬼殺隊員が操られていました。

母鬼の位置を突き止めた炭治郎は、水の呼吸 伍ノ型『干天の慈雨(かんてんのじう)』で母鬼を斬り伏せます。

炭治郎たちの後を追って入山した善逸は兄蜘蛛に遭遇し、噛まれて蜘蛛になる毒を体に入れられてしまいます。

失神してしまう善逸でしたがすかさず覚醒し、雷の呼吸 壱ノ型『霹靂一閃 六連(へきれきいっせん)

』で兄蜘蛛を倒すことに成功しました。

炭治郎は姉蜘蛛を痛めつけている下弦の伍・累(るい)に出会います。「僕たちは家族だ。強い絆で結ばれている」という累の言葉を炭治郎は否定しました。

逆上した累は血鬼術で炭治郎を襲い、ついに日輪刀が折れてしまいます。絶体絶命のところで禰豆子(ゆずこ)が箱から飛び出し、炭治郎を庇いました。

二人の絆に感動した累は、炭治郎に向かって禰豆子を差し出せば許してやると言い出します。

断る炭治郎でしたが、折れた剣ではまともに戦えません。炭治郎は走馬灯の中で、父が踊っていた神楽を思い出します。

炭治郎は『ヒノカミ神楽』で累に斬りかかり、禰豆子は血鬼術『爆血(ばっけつ)』で累の糸を焼き切りました。

そこに、富岡が加勢し水の呼吸 拾壱の型(じゅういちのかた)『凪(なぎ)』で累の攻撃を無効化し、首を斬り捨てます。

累は人間だったころ体がとても弱く、鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)に声をかけられて鬼化する道を選びました。

悲しんだ両親が自分を殺そうとしたことで、累は恐怖と怒りにまかせて両親を殺してしまいます。

しかし本当は両親も一緒に死ぬつもりだったことを知り、謝りながら累は消えていきました。

鎹烏が炭治郎と禰豆子を本部に連れ帰るよう告げ回り、連れて行かれた炭治郎が目を覚ますと、目の前には「柱」たちが立っていたのでした。

アニメ『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』の魅力

那田蜘蛛山編をすでに観た人もまだ観ていない人も共感してほしい魅力をお伝えしていきます!

下弦の伍・累のキャラクター

累はアニメ『鬼滅の刃』初となる「十二鬼月(じゅうにきづき)」ですが、残忍なキャラクターとは裏腹に悲しい過去が明かされるギャップがとても良いです。

偽の家族を作り上げ、本当の絆を求めていた累が最後、両親の想いを知って涙を流しながら消えていくシーンは涙なしには観られません。

初登場の技や映像がカッコいい!

作中で善逸が使用する『霹靂一閃(へきれきいっせん) 六連』は最後の一斬りで月をバックにして善逸が舞うのですが、このシーンは本当に美しくて見事です。

炭治郎の『ヒノカミ神楽』や禰豆子の『爆血』も両方炎形の技なので、統一感のある迫力満点な映像を楽しむことができます!

いかがだったでしょうか?少しでも『鬼滅の刃 那田蜘蛛山編』の魅力が伝われば幸いです。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

Dui id ornare arcu odio. Vivamus arcu felis bibendum ut tristique. Vitae turpis massa sed elementum tempus egestas sed. Donec ac odio tempor orci dapibus ultrices. Eu volutpat odio facilisis mauris sit amet massa vitae. Quis hendrerit dolor magna eget est lorem. Lectus arcu bibendum at varius vel. Elit ut aliquam purus sit amet luctus venenatis. Hac habitasse platea dictumst vestibulum rhoncus. Urna porttitor rhoncus dolor purus non. Consectetur adipiscing elit pellentesque habitant morbi tristique. Elementum integer enim neque volutpat ac tincidunt.

Tincidunt augue interdum velit euismod in pellentesque massa placerat duis. Ante metus dictum at tempor commodo. Bibendum arcu vitae elementum curabitur vitae nunc sed. Blandit aliquam etiam erat velit. Gravida dictum fusce ut placerat orci nulla pellentesque. Placerat duis ultricies lacus sed turpis tincidunt id aliquet risus. Viverra mauris in aliquam sem fringilla ut morbi. Nulla aliquet enim tortor at auctor urna nunc id cursus. Rutrum quisque non tellus orci ac auctor. Diam volutpat commodo sed egestas egestas fringilla phasellus. Adipiscing at in tellus integer. Neque aliquam vestibulum morbi blandit cursus risus. Mattis enim ut tellus elementum sagittis vitae et leo. Ornare arcu odio ut sem nulla. Felis imperdiet proin fermentum leo. Volutpat lacus laoreet non curabitur gravida arcu ac tortor dignissim. Penatibus et magnis dis parturient. Sit amet cursus sit amet dictum sit amet justo donec. Dolor sit amet consectetur adipiscing.

Accumsan lacus vel facilisis volutpat est velit egestas dui id. Metus vulputate eu scelerisque felis imperdiet proin. Imperdiet sed euismod nisi porta lorem mollis aliquam. Aliquet enim tortor at auctor urna. Adipiscing elit duis tristique sollicitudin nibh sit. Molestie nunc non blandit massa enim nec dui nunc. Massa eget egestas purus viverra accumsan in nisl. Cursus metus aliquam eleifend mi in nulla posuere sollicitudin. Scelerisque eu ultrices vitae auctor eu. Ultricies leo integer malesuada nunc vel. Mauris rhoncus aenean vel elit scelerisque mauris pellentesque pulvinar pellentesque.

Related articles

アニメ『ワールドトリガー』をレビュー!バトルアクション要素を網羅した作品

葦原大介による原作で、2013年から週刊少年ジャンプにて連載がスタート。『ワールドトリガー』を一言でいうと、バトルものに必要な要素を網羅した作品です。この記事を読めば、そんな『ワールドトリガー』の魅力や、どのようなアニメかを知ることができるとともに、あなたが観るべきか、という判断材料になることをお約束します。

翻訳する